« April 2013 | Main | April 2014 »

November 26, 2013

小学生の活躍

山川小学生の二人が近所に鳩が倒れていると当病院に、11月16日11時来院した。
飼われていない土鳩だと思い、連れて来れば診ますというと、鳩には(怖くて?)触れないと言った二人が
抱えてつれてきた。
体温が低く、嘴から少量の出血があり、立てない。足輪がついてたので伝書鳩と分かった。
保温と注射、水を飲ませ、預かると告げるが二人は帰らない。
仕方なく伝書鳩の飼い主が見つかるかネットで検索すると、社団法人日本鳩レース協会が土曜日
は1,3,5に限り昼迄受け付けるのがわかり、早々電話すると市内の小鳥店が紹介された。
小鳥店は電話がつながらず、直ぐに籠に入れて訪ねてみたが不在。
午後に電話すると数年前の記録から探してくれた。
譲渡先は17:20に連絡がつきすぐ引き取りにみえた。
今朝7羽放したが鷹に襲われ2羽戻らなかったということで、心配していたという。
小学生が見つけたのは飼い主の自宅のそばだったので鳩小屋に戻る寸前に力尽きたのだろう。
飼い主に渡したときには体温も戻っていて大変喜んでいた。
二人の男子小学生の優しい心遣いに感謝したい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2013

アクセス1万突破

 いつのまにか、アクセスが10000突破していました。

こんな小さなページに累計とはいえ、いろんな方々が訪問されているということは、
夜間急患で困ってらっしゃる飼い主の皆さんが、いらっしゃるということでしょう。
 この頃は他の地域でも夜間急患を受け付ける動物病院が増えているようです。
みな民間病院で、公立の動物病院はありませんから、病院の中で当番制にされていることでしょう。
 当方は看護師もいない、たった一人の院長だけですから、夜中は寝ています。
遠方から相談のためにだけに福岡県に電話される方もいらっしゃいますが、この受付は急患の診察受付です。診察しないで、診断はできません。軽症のように見えても電話では伝えきれない動物の様子は診察しなければ分かりません。診察しないでは責任は持てません。
 日頃から、かかりつけの病院でまさかの時の急患対応について相談しておいてみては、いかがでしょうか。以前に診察を受けた動物の場合は急患受け付けるという病院もあるようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2013 | Main | April 2014 »